スポンサーサイト

0
    • 2012.03.17 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    池袋エステ口コミ 言い訳禁止!お金がなくても女子力は上がる

    0
        お金も貯めたいけど、綺麗にもなりたい。女性なら誰しもが思うことです。バレンタインイベントで心が浮き立つ2月、今回はお金をかけずに女子力を上げるワザをいくつか考えていきましょう。

      ●コスメは費用対効果を考える

       実は私は20代の頃、相当なコスメフリークでした。新作コスメは必ず何点か買っていました。当時ダンスも習っており、自分で舞台メイクをすることもありました。今でも仕事でヘアメイクをお願いすることもあります。そんななかでコスパのよいアイテムがつけまつげだと思います。

       例えば、シュウウエムラのつけまつげでカスタマイズ自由のミニタイプ(パーシャルソフトクロス)がとても便利です。お値段は1575円で10回程度使えます。4つに分かれているミニタイプなので目尻に1つだけつければ派手になり過ぎることもありません。片眼に1つずつつけるのなら40回使用できるので1回当たり約39円ですね。まつげパーマやエクステよりも、必要な時につけまつげをつけるほうがコスパがよいです。

       100円ショップのつけまつげでも問題ありません。ダンスの発表会の際によく愛用していました。慣れるまではアイラインからはみ出しやすいために、ミニタイプのほうがつけやすいと思います。

      ●毎日の入浴時間をスパに変える

       仕事でクタクタになるとエステやマッサージに通いたくなりますね。しかし、1回当たり1万円程度かかるためお財布は痛みます。こんなときには自宅のバスルームをスパに変えてはいかがでしょうか。

       高価な入浴剤は必要ありません。例えば、多くの人の自宅にある日本酒とお塩も贅沢な入浴剤に変わります。清酒1〜2合と塩(粗塩がベスト)150グラム〜200グラムを湯船に入れるだけです。この方法は美肌な知り合いのライターの方に聞いたのですが、毛穴が開いて余分な老廃物が出て肌も綺麗になりカラダもポカポカ温まりました。清酒なら安くても大丈夫なので試してみてください。私は賞味期限が少し古くなってしまった料理酒を使いました。


      ●加湿器の代わりに

       冬はとにかく乾燥しますね。しかし、加湿器がなくても潤いを保つことも可能です。例えば、湿ったタオルを1枚部屋干しするだけでも湿度は保たれます。また、シャワーや入浴後に浴室のドアを開けておくのも効果的です。効果が高すぎると少し結露することもありますのでご注意ください。

      ●野菜を食べる

       コスメや洋服などカラダの外からの効果以外にも内側から栄養補給することも大切です。例えば、新鮮な野菜をたくさん食べたり水を飲んだりすることなどです。旬の野菜を使えば安価な値段で手に入れることができます。野菜とコンソメがあればポトフやスープにして手軽にたくさんの野菜を取ることができますね。

      ●手土産は値段より気配りで勝負

       気配り上手な女子になるためには、手土産も効果的に渡せるようになりたいところ。ここでもお金がなくても気持ちを伝えることができます。例えば、地方のお土産、今の季節にぴったりの物、その人が喜ぶ物などを意識して選んでみましょう。

       最近いただいたお土産で嬉しかった物が今岡製菓株式会社のレモネードです。乾燥する寒い季節にはとてもありがたいお土産でした。

       また、女子だけなら人気店のお菓子を交換するのもよいのですが、男性や年配の方に送る際には同じ値段ならボリュームがあるもののほうが喜ばれるかもしれません。(ブランドに定評のあるウエストのリーフパイ、虎屋の御代の春、東京會舘のクッキーなどもおすすめです。)
       またコスパを考えることも大切。ホームパーティーの手土産としてはロールケーキやホールでケーキを買うほうがおトクですね。

       予算は限られていますから、そのなかでいかに満足度を上げられるのか想像力を働かせてみてください。
       このように、女子力アップには必ずしもお金が必要なわけではありません。節約も楽しみながら行うようにしましょう 池袋エステサロン

      池袋エステ口コミ パナ、「頭皮エステ」の新機種発売 男性向け機能を装備し市場開拓へ

      0
          パナソニックは13日、シャンプーしながら地肌をケアする美容家電「頭皮エステ」の新製品2機種を4月21日に発売すると発表した。市場想定価格は1万3000円前後。

         頭皮エステは昨年4月に発売され、累計20万台を突破するヒットとなった。購入者の約3割が男性だったことに着目し、新製品では絞り出しブラシが頭皮を挟んで寄せ上げ、掃き出しブラシで汚れを掃き出す男性向けの機能「皮脂洗浄ブラシ」を新たに搭載した。

         今年度の販売見通しは20万台。来年度は倍増の40万台を目指し、男性購入比率も5割まで高めたいとしている

        池袋エステ口コミ 二子玉川の不動産店でリメーク手芸展−地元作家の作品を展示 /東京

        0
           二子玉川ライズバーズモールの不動産会社「イエステーション二子玉川店」(世田谷区玉川2、TEL 03-3708-6889)で12月1日〜3日、二子玉川在住の紙こより手芸作家舟橋みつこさんの作品展が開かれる。 (二子玉川経済新聞)

           二子玉川に特化した不動産店として17年間の実績がある同店。7月に現バーズモール内のオフィスに移転後も「地域活動を応援したい」と、英会話やフラワーアレンジメント教室など非営利な活動に対し、平日に限り無料で店内スペースの一角(約15坪)を貸し出している。

           今回の作品展では、同店内で月2回開いている「舟橋みつこ主宰・紙こより教室」で制作された作品の中から、和装小物と雑貨約100点を展示する。

           教室主宰の舟橋さんは二子玉川在住。「紙こより」と呼ばれる紙製のひもと、自宅で眠っている和服や衣類、装飾品や時には果物の種子などを組み合わせ、バッグや小物、インテリアなどにリメークする独自の手芸による30年以上の創作活動で、さまざまなエコロジーや再生デザインコンテストで受賞。自宅サロンやカルチャーセンター、地域の学校や老人ホームなどでの講師も務める。
           
           「簡単に物を捨ててしまうのではなく、どうすれば生かすことができるかを考えることは、相手を思いやる気持ちにつながる。命を大切にする心をもっと育みたい」と話す舟橋さん。

           開催時間は10時〜17時(最終日は15時まで)。観覧無料


          池袋エステ口コミ 女性の肌のシワ対策「十分している」わずか2% プロに聞く効果的な対策法は?

          0
             女性にとって永遠の悩みとも言える目元や口もとの「シワ」。女性はこの悩みをどのように捉え、どのように闘っているのだろうか。トレンド総研は、30〜59歳の女性500名を対象に、「シワ」に関する調査を実施。女性たちのシワに対する意識や、シワ対策の実態などが明らかになった

            ちなみに、回答者に対して「顔のシワが気になることがありますか?」と質問したところ、全体で76%(30代で74%、40代で76%、50代で77%)の女性が「ある」と回答している。

            ● ほうれい線や目尻の「シワ」が気になりだす30代、見た目の印象に影響も

            まず、「初めてシワが気になったのは何歳の時ですか?」という質問には、平均で「39歳」という回答になった。やはり30代のうちからシワが気になりだす女性が多いようだ。また、中には「18歳」など、かなり若い時からシワに悩まされている女性もいた。

            続いて、「どのような時にシワが気になりますか?」という質問には、「屋外など明るいところで鏡を見たとき。(36歳・静岡県)」、「外出先の街角でガラスや鏡に自分の姿が映ったとき。(50歳・愛知県)」、「ハリのある綺麗な顔の友人に会ったとき。(42歳・東京都)」などが挙がっている。日常のふとした瞬間にシワの存在を自覚する人が多いようだ。

            そして、「顔のどの部分のシワが気になりますか?」という質問(複数回答)には、「ほうれい線(小鼻の両脇から唇の両端にかけてのシワ)」(60%)、「目尻のシワ」(42%)などが多い結果に。以下、「目の下のシワ」(32%)、「額のシワ」(29%)、「口元のシワ」(24%)と続いている。主に目元、口元に見られるシワが気になるようだ。

            また、シワは「見た目」の印象にも大きく影響を与えるものだが、「肌トラブルの中で、老けてみられる原因になると思うものは何ですか?」という質問でも、「シワ」は86%で1位に。「シミ」(80%)、「くすみ」(63%)、「クマ」(51%)、「乾燥」(22%)などを上回る結果となっておりシワが周囲に与える印象を重く捉えている様子が伺える。

            ● シワの予防・改善「十分している」はわずか2% 自己評価も低い結果に

            そんな見た目の印象にも大きく影響を与える「シワ」に対して、女性たちはどのような対策をしているのだろうか。

            「シワの予防や改善のために、特別な対策・ケアをしていますか?」という質問には、「十分にしている」と答えた人はわずか2%となり、52%と半数の女性は「しているが、十分ではない」と回答。また、46%にいたっては、「特別な対策・ケアはしていない」と答えた。シワが気になりつつも、ほとんどの女性はきちんとした対策ができていないようだ。

            ちなみに、「特別な対策・ケアをしている」と回答した女性にどのようなことをしているかを聞いてみると、「毎日、お風呂上がりにパックをしている。(56歳・東京都)」、「コラーゲンドリンクを飲んでいる。(43歳・栃木県)」、「エステに通っている。(49歳・熊本県)」など、さまざまな努力をしている様子が見て取れる。

            しかし、「回答した対策について、シワへの効果に点数をつけるとしたら何点ですか?」という質問には、平均で「53点」という結果に。シワ対策をすでにおこなっている場合でも、あまり満足な結果は得られていないのが現状のようだ。

            ● エイジングケアのプロがすすめる「効果的なシワ対策」

            それでは、女性たちはこのようなシワの悩みとどのように向き合えば良いのだろうか。エイジング・スペシャリストの朝倉匠子氏にお話をお伺いした。

            -- 女性たちの「シワ」の原因とは

            朝倉氏によると、女性はそもそも男性に比べて、脂肪細胞に水分が貯まりにくいという特徴があるという。女性は、男性より5%程度も水分が少ないと言われており、もともとシワができやすいのだ。さらに、加齢とともに身体の水分量が減っていくため、赤ちゃんの頃には80%ほどあった水分量が、成人になると60%、お年寄りになると50%以下と、どんどん少なくなっていき、その分肌の潤いも低下するため、シワはできやすくなるのだという。

            シワの主な原因は、「紫外線」と「乾燥」だ。朝倉氏によると、「紫外線」は「光老化」といわれる現象を起こし、衣服で覆われている身体とは違い常に露出している顔は、「光老化」に侵されやすいため、シワの大きな原因となるのだそうだ。

            一方、後者の「乾燥」は、いわゆる「小ジワ」の原因になるという。肌が乾燥した状態が続くと、角質層の表面がはがれやすくなり、隙間ができる。現代人は、エアコンのきいた室内にいることが多かったり、忙しくて睡眠が不足したりと、肌が乾燥しやすい環境にあり、このような環境で肌表面の乾燥が続くと、角質層の水分が奪われて、表面の古い角質に亀裂が入り、小ジワの原因となってしまうのだ。

            -- 効果的な「シワ」の対策方法とは

            朝倉氏は、「乾燥による小ジワは、放っておくと水分の蒸発が進み、ダメージを受けて深いシワに変化する。シワが深くならないうちに、積極的に保湿ケアをしてほしい。」と話す。また、十分な睡眠やマッサージなどで肌に栄養を運んでくれている血液の流れ(血流)を良くしておくことも重要だという。

            また、スキンケア製品の選び方のポイントについては、「まずは成分表示をチェックしてほしい」と話す。乾燥を防ぐという目的であれば、ヒアルロン酸やセラミドなど、水分を保持する働きがある成分が入っていることが望ましいという。また、成分表示は、含まれている量が多い順番に記載されているため、それぞれの成分の量を推測することも重要なのだそうだ。

            朝倉氏によると、従来のスキンケア製品では、シワや小ジワを改善する効果・効能を表記することはできなかったが、最近では薬事法が改訂され、『抗シワ製品評価ガイドライン』に基づく試験で効果が確認された製品に限って、シワや小ジワを改善する効果・効能を表記できるようになったという。朝倉氏は、「例えば、ニチレイグループから製造・販売されている『シルヴァン』の美容液は、いち早くこの効果を発表(※)した製品。シワや小ジワが気になる方は、試験を経て『乾燥による小ジワを目立たなくする』という記載が認められていることをひとつの参考にして製品を選ぶと良い。肌の変化を実感しやすくするためには、効果が確認されている製品を選んで、しっかり『使い続ける』ということが大切だ。」と語った。※21名のモニターが同美容液を8週間使用し、医師が目尻のシワを評価したところ、素肌のうるおい力が平均17%アップし、「乾燥による小ジワを目立たなくする」効果が確認されている。

            女性たちの多くが気になっている顔の「シワ」。紫外線や乾燥などのダメージから肌を守りつつ、効果の確認されているスキンケア製品などで上手に対策をしてあげることが重要なようだ。